YouTubeでも発信中!

積水ハウスの営業マンと初顔合わせ行ってきました

本記事では、住宅購入を検討されている方向けに、「積水ハウス」と「積水ハウスの営業マン」についてご紹介します。

私は都内で平凡なサラリーマンをやってます。

いま住宅購入を検討していて、みなさんの参考になることを発信していければと思っています。

で、さっそくですが、まず積水ハウスについてざっとまとめます。

積水ハウスの公式HP口コミサイトから得た情報から、個人的にまとめました。

「積水ハウス」とは

  • 全国着工数No.1
  • 間取りが自由自在でリビングの大開口がおしゃれ。
  • 外壁「ベルバーン」がすごい
  • 大手ハウスメーカーで唯一、鉄筋も木造もやっている
  • 分譲住宅もやっている

個人的な印象を一言でまとめると、

「ここにしとけばまず間違いない感」

です。

せきすぅーーーーーいーはーうーすぅーーーーーぅ♪

全国でいちばん選ばれているハウスメーカーであり、鉄でも木でもお客様の好みに合わせて建材を決めることができる。

さらに、間取りも自由自在なので、どんなお家でも作れますよ、というのがウリですかね。

隠し玉として、分譲住宅の販売も行っており、死角がない。

ここでいう分譲住宅は、俗にいう「建売はカス!おつかれ!」とは別次元のレベルの建物です。

んで、口コミも調べてみました。

口コミサイトは、まるで「積水ハウス推し vs アンチ」の戦場でした。

映画にしてもいいんじゃないってぐらい、言い合ってます。

つまり、それだけ注目されているメーカーであるということですね。

口コミが過疎化している「す〇ぇーでんはうす」とは大違いです。

—–(以下は口コミ)—–

  • 「コスパ最悪!高すぎ」
  • 「積水が一番値引きしてくれた or (候補の中では)安かった」
  • 「鉄筋はすごく寒い」
  • 「暖かい家にこだわる人で積水という選択肢はありえない」
  • 「断熱断熱って、、うちは耐震、耐風にプライオリティ―置いてます」
  • 「営業が上から目線で、お客様買えるんですか?と言われたのはここだけです。」
  • 「サポート体制がすごい。電話したらすぐ来てくれる。

ってな感じ。

いやぁ、みんな好き放題言ってて、なにが正しいのかわかりませんね。

なにはともあれ、机上だけでなく営業マンにあって確かめないとですよね!

営業マンに会ってきました。

まず、どうやってアポを取ったのかと言うと、とあるYoutuberの紹介です。

「は?Youtuberの紹介ってなに?フツー展示場とかSUUMOに行くんじゃないの?」

って思った方、

いるんですよ!

積水ハウスの優秀な営業マンを紹介してくれるYoutuberが。

そのYoutuberとは「まかろにお」さんという方です。

住宅系Youtuber 「まかろにお」 さん

住宅系Youtuberというジャンルに最近参入してきた方で、Youtubeチャンネル開設してからわずか3カ月で登録者1万人を達成した、「驚異の新人」です。
※この記事を書いているのは2020年8月です。

住宅購入を検討している方向けに、いろんなことを解説していて、とにかくわかりやすい!

そしていつも「へぇ~、そうなんだ!」と勉強になります

まだチャンネル登録してない方は、ぜひ。

ある日、まかろにおさんの動画を漁っていたら、以下の動画が公開されました。

衝撃でした。

さっそくTwitterからメッセージを送らせていただき、積水ハウスの”優秀な”営業マンをご紹介いただくことができました。
感謝でいっぱいです。

「そんなこと言ってー、なんか裏で手を引いてるんじゃないの?」
「それ企業案件だから」
「騙されてるよ」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言うと、まったくそんなことはありませんでした。

本当に優秀な営業マンでした。

それでは、営業マンとどんなことを話してきたのか書きますね。

まかろにおさんのアレンジにより、営業さんからご丁寧なメールをいただき、住宅展示場で会って打合せすることになりました。

2時間ほどの打合せです。

お互い簡単に自己紹介するんですが、もう会った瞬間にわかります。

うまく言えなくて申し訳ないのですが、「あ、できる人だ、安心だ。」ということが肌で分かります。

口コミで言われているような「上から目線」とか「時間にルーズなのに謝らない」とか、そういったものは一切感じませんでした。

とても丁寧で、笑顔で、ハキハキされている方でした。

モデルルームの見学というよりは、ざっくばらんにお互いに聞きたいことを聞く場にしました。

営業さんから聞かれたことは、

  • 個人情報全般(氏名、住所、会社名、年収など)
  • いつごろ住宅購入を検討しているか
  • 家族構成や住宅購入の目的
  • 興味関心やどんな話を聞きたいか
  • 予算はどれくらいか

などです。

やはり年収とか予算を聞かれると、どうしても緊張してしまいます。

一般的なセオリー通り低めに伝えましたが、優秀そうな営業さんなので、見透かされている気分でした。笑

逆に、こちらからもいろいろと疑問点をぶつけました。
※回答も記載しますが、営業さんから聞いたことを私がまとめて書いているため、参考程度にしてください。

質問1「ネットでは、鉄と木でみんな戦ってます。積水ハウスさんとしてはどちらをお勧めしますか?」

鉄筋のほうが強いです。ですがコストも高い。元々、鉄筋を推すメーカーだったが、木造のニーズも多いため、「木造だけど鉄筋に匹敵する住宅」も手がけている。

とのこと。

個人的な感想としては、鉄筋で建てたくなりましたね

でも、鉄筋と同レベルまで強いのであれば、コストの安い木造もいいなーと。

営業さんは合わせて、木造住宅の歴史や、なぜ鉄筋で積水ハウスが建て始めたのかという歴史についても教えてくれて、とてもストーリーが素晴らしかったです。

みなさん、最強なのは鉄です。(耐震、耐風という意味で)
※いともカンタンに心を奪われた。笑

営業さんの例え話をお借りすると、

ビルからビルに渡るとき、鉄の板と木の板があったらどちらを渡りますか?

言うまでもないですね。

質問2「鉄は寒いって本当ですか?」

逆に質問です。寒い冬の公園で、木のベンチと、鉄のベンチがあったときに、どちらに座りますか?(そりゃ木です)

鉄のベンチは冷たそうですよね。
では、木のベンチにとても薄いクッション、鉄のベンチに分厚いクッションが置いてあったら、どちらに座りますか?

鉄のベンチのほうが暖かそうじゃないですか?(うんうん)

「鉄は寒い」

というのは、そもそも論点がずれていて、大切なのはどうやって断熱するかです。

これも納得。

もっと勉強すれば定量的に判断できるのかもしれませんが、「鉄は寒い」というイメージに対しての反論としては十分です。

みなさん、大事なのは断熱のようです。
※いともカンタンに心を奪われた(PART 2)

クッションをたくさん買わなきゃいけないので、お金かかりそうですが。

他にもいろいろ聞くことができましたが、省略します。
例えば「どれくらい(の金額で)で建つか」とかですね。

ネットで事前に調べていた坪単価よりもはるかに高い値段を言われました。

お金の話をするときって、なんというか、独特の空気感ですよね。

予算を低めに言う客と、見積もりを高めに提示する営業

という茶番。

お金の話は慣れませんねー。

サラリーマンやってまして、そんなに更新頻度は多くありませんが、住宅購入を検討されている方に「生の体験」や「学んだこと」を共有できればと思います。

随時記事を足していきますので、興味がある方は、ぜひ他の記事も読んでみてください。

いやあ、にしても、お家って高いですねぇ。

せきすぅーーーーーいーはーうーすぅーーーーーぅ♪

ではまた。