\  YouTubeはこちら /

VANSANしか勝たん!子連れランチ最強イタリアンレストラン

カツオ
カツオ

こんにちは!
カツオです。

小さい子連れファミリーに、超おすすめのレストランがあります。
その名も「VANSAN(バンサン)」

VANSAN(バンサン)

VANSANは、2022年6月現在で全国に64店舗あります。
その後もどんどん拡大しています。
絶賛急成長中の、超人気レストランです。
近くのVANSANを探す

もしあなたに小さいお子さんがいるなら、必ず気に入ります。
VANSANを知らなかったら、それだけで人生を半分損してる。
それくらいの危機感を、カツオは持っています。

この記事で細かく解説しますので、ぜひ最後まで見ていってください。

カツオ
カツオ

ホントに最高のお店なんです!
子連れファミリーは、ぜひ行ってみてください。

あのさ、子連れでレストランに行くの、つらくない?

我が家には、未就学児の子供が2人います。
休日はよく、家族4人でレストランに行きます。

しかし、子連れだとねぇ・・・大変なんです。

5歳の息子(左)、3歳の娘(右)

騒ぐし、泣くし、ちょろちょろ動くし。
すぐ食べ物をこぼすし、ドリンク倒すし、すぐ帰りたがるし。
せっかく美味しいものを食べて、みんなでEnjoyしたいのに、テーブルの上はまるで戦場w

カツオ
カツオ

ほんと、疲れる・・・

以前、家族4人でバルバッコアに行ったときの話です。
当時、娘が生後10か月の頃でした。

食べ放題でシュラスコを楽しもうとしていた矢先。
娘が不機嫌になり、泣いてしまいました。

そのとき、店員さんから「店の外に出ていただけますか?」と言われてしまったんです。
僕も、他のお客さんに迷惑だと思ったので、逃げるようにお店を出ました。

泣き止むまで、レストランの外に立たされて、娘をあやす僕。
食べ放題には制限時間があったため、満足に食事もできませんでした。

確かにお店や、他のお客様には迷惑をかけてしまいました。
しかし、当時バルバッコアでは「5歳以下無料」のサービスを行っていました。
てっきり、子連れでも楽しみやすい雰囲気かと思っていたのです。
なんだか、裏切られたような気持になりました。

あのときの屈辱は、一生忘れません。
「日本が、社会が、大人たちが、子育てを否定している。」
「子供を、子供を育てている大人を、邪魔者扱いしている。」

そんな気がしました。
息が詰まるような思いです。

しかしこんな世の中でも、なかには子連れにやさしいお店もあります。
それが、今回ご紹介するVANSAN

子連れファミリーにとって、必要なものがすべて揃っている。
そして、美味い。

マジでおすすめなので、要チェックですよ。
このあと、詳しく解説していきます。

いま急成長しているVANSAN

2015年に1号店をオープンした、VANSAN。
その後、急成長しています。

この記事を執筆している2022年3月だけでも、全国で6店舗もオープンしています。
全国展開しているので、あなたの地元でもきっと見つかるはず。
近くのVANSANを探す

VANSANが子連れファミリーにおすすめの理由

キッズスペースがある

これまで、3店舗のVANSANに行ったことがあります。
そのすべてに、キッズスペースがありました。
チェーン展開しているVANSANにおいて、これは統一のルールかと思います。

VANSANには、キッズスペースがあります。
1.5畳くらい

子供の食事を済ませてから、夫婦でゆっくり食事。
そんなことができてしまいます。

夫婦で静かに食事ができるなんて、奇跡です。
※常に目は光らせております。

キッズスペースは、ソファ席から近いところにあります。
完全に目を離すわけではないので、安心です。

子供向けメニューが充実している

VANSANでは、キッズのドリンクが無料です。
これは、助かる。

驚くべきことに、離乳食がメニューにあります。
しかも、なんと無料なんです。

子連れを歓迎し、「笑顔と想い出」を大切にする。

VANSANの店内には、子連れファミリーを温かく受け入れる空気が流れています。
店員さんの対応が、親切なんです。

カツオ
カツオ

VANSANの店員さん(お姉さん)は、マジで子連れに優しいです。
採用基準に、”保育士の資格”でもあるのかと、勘ぐってしまうほど。

先日VANSANに行ったとき、息子がジュースを倒してしまいました。
(親の監督が行き届いておらず、大変申し訳ございません。)
あわてて店員さんに状況を説明し、ふきんをもらおうとしました。

すると、店員さんはイヤな顔ひとつせず、ふきんを持ってきてくれました。
なんなら拭こうとするから、さすがに申し訳ないので、
「自分で拭きます!申し訳ありません!」
と言って、ふきんだけ貰いました。

このような一連のやりとりは、レストランによってまったく違ったものになります。
明らかにイヤな顔をする人、事務処理のようにふきんだけ投げ捨てるように置いていく人。
顔が笑っておらず、心の中で舌打ちした音が、ハッキリと聞こえてきそうです。

しかし、VANSANの店員さんは違います。
笑顔で、アットホームなんです。

VANSANがなぜこんなにも、ファミリーに優しいのか。
それは、VANSANのコンセプトにあります。

「笑顔を届けよう。家族の想い出を描こう。」
「つくるのは料理じゃない。笑顔をつくろう。」

この言葉に、僕はシビれました。

子供を連れて、おいしいものを食べにレストランに行く。
それ自体は、素敵なことです。

しかし、子供を連れて行くと大変…
時には、食事中に子供を叱ることもあります。

すると、思うんです。
「僕たち、何がしたかったんだっけ?」
ってね。
“おいしいものを食べるのは手段。
本当の目的は、”家族みんなが笑顔になること”

VANSANの料理は、おいしいです。
でも、VANSANが届けてるのは「笑顔と想い出」。

VANSANの店の設計、店員さんの採用基準、料理のメニューなど、すべてがこのコンセプトに基づいています。
だからこそ、VANSANで過ごす時間は、心地いいのです。

VANSANのおすすめランチメニュー

VANSANは、カジュアルなイタリアンレストラン。
おいしいチーズと、ピザとパスタが食べられます。

ランチの価格帯は、大人一人あたり1300円~2000円くらい。
この価格帯にしては、お料理のレベルは高いです。

特に、チーズが本格的で美味いです。
使うチーズの量も多く、チーズ好きにはたまりません。

それでは、VANSANの料理をいくつかご紹介していきます。

無料のセイロンティー

下の画像は、セイロンティーです。
これ、なんと無料。
おかわり、できます。

セイロンティー(無料)
普通においしいです

カツオは、これにシロップとクリームを入れて飲んでます。
誤解を恐れずに言うと、無料の「午後の紅茶」ですねw
ちなみに、シロップは有機です。

無料で「午後の紅茶」を楽しめちゃうかも
(セイロンティー)

小学生以下はドリンク無料・大人も100円

小学生以下は、ドリンク無料です。
これは嬉しい。

しかも、ボタンを押して機械から出てくるようなジュースではありません。
パックに入っているような、風味の豊かなジュースです。

ちなみに、大人も100円で飲めます。
お得なので、絶対に頼んだほうがいいです。

大人の方には、これ。
お勧めは、モモジュースです。

モモジュース

あとは、「レモネードスカッシュ」もおすすめです。

レモネードスカッシュ

この価格帯のお店だと、「モモ」も「レモネードスカッシュ」もめずらしいです。
VANSANに行ったら、ぜひ飲んでみてください。

名物!悪魔パスタ

VANSANでランチするなら、まずはこれ。
「悪魔パスタ」です。

悪魔パスタ

辛いのが得意な人におすすめです。
1辛~3辛までありますが、初めての人は「1辛」からスタートしましょう。
最小ランクの「1辛」は、他のお店の「辛め」くらいをイメージしてもらったほうがいいです。

第一印象は「辛い!」ですが、ひと口食べたらやみつきになります。
ニンニクが効いていて、食べ応えもあります。
特に、男性におすすめしたい一品です。

ちなみに、小さいお子さんは「1辛」でも食べれないと思います。
ご注意ください。
この料理は、大人用です。

生モッツァレラときたあかりのジェノベーゼ

VANSANのランチで、僕がいちばん好きな料理がこちら。
「生モッツァレラときたあかりのジェノベーゼ」です。

生モッツァレラときたあかりのジェノベーゼ

生のモッツァレラチーズが、とろけるような感じで、パスタによく絡みます。
VANSANのチーズは、香りが豊かで、本格的。
ぜひ、一度お試しください。

ちなみに、ほんの少しですがピリッとするのでご注意ください。
大人は感じない程度ですが、お子さんは「辛い」と言うことがあります。

我が家はいつも赤い唐辛子の破片(?)のようなものを、取り除いて子供(3歳と5歳)に食べさせています。

マルゲリータ

ピザといえば、マルゲリータ。
VANSANのマルゲリータは、他のレストランに比べると格別。

マルゲリータ

トマトがゴロゴロ入っていて、チーズの味もまろやかです。
食材の味が、しっかりと伝わってくるマルゲリータです。

クワトロフォルマッジ

VANSANといえばチーズ。
チーズといえば、クワトロフォルマッジ!

クワトロフォルマッジ

はちみつをかけて召し上がれ。
チーズとはちみつの組み合わせを考案した人に、ノーベル賞をあげてほしい。
それくらい、うますぎる。

ちなみに、はちみつは有機です。

有機はちみつ

バースデーケーキ(無料)

バースデーケーキ
※実際には名前を入れてくれます(画像を加工して娘の名前を消してます)

予約時に「誕生日祝い」の旨を伝えると、誕生日プレートを出してくれます。
記念日でもOK。
ただし、悪用はいけませんよw

イタリアンジェラートの生絞りモンブラン

イタリアンジェラートの生絞りモンブランも、おすすめ。

VANSANでは、料理とエンターテイメントが融合しています。
なんせ、お店のコンセプトは「つくるのは料理じゃない。笑顔をつくろう。」ですから。

イタリアンジェラートの生絞りモンブラン

風味豊かなモンブラン。
ソルトキャラメル味のジェラートとモンブランの組み合わせは、最強。
口に運び、舌に触れたとたん、至福の時間が流れます。

店の雰囲気・インテリア

VANSANは全国に60店舗以上ありますが、インテリアは全国で統一されています。

木のぬくもりを感じます。
ワインのライトもオシャレ。
キッチンが見えるのも、ポイント高いです。

キッチンが見えるのは安心
インテリアもオシャレです。

ソファ席も多くあり、子連れはそこに案内されます。
子連れは、ソファ席が助かる。

そして、何よりもVANSANが最強だと思うのは、キッズスペースがあること。
全店舗確認したわけではありませんが、少なくとも僕が行ったことがある3店舗はすべて同じような内装でした。

キッズスペースはホントに助かります

しっかり動線が計算されていて、ソファ席とキッズスペースは近いところにあります。
つまり、
「子供が遊んでいる間、親がゆっくり食事できる」
ということです。(目は光らせてます)

この設計には、感動しました。
食事の時間が、100倍楽しめるのです。

VANSANはセルフオーダー&セルフレジ

いくつも素晴らしい取り組みをしているVANSANですが、まだまだあります。
それが、セルフオーダー&セルフレジのシステム。

VANSANでは、自分のスマホでオーダーします。
お店に付いたら、スマホでQRをスキャン。

オーダーはこちらから。
スマホで注文します。

スマホの注文画面で、はい注文。
以上。

スマホの注文画面

この仕組みによって、コストダウンが図れるわけです。
つまり、我々お客さんにとっては、おいしい料理をコスパ良く食べれるということ。
これはありがたい仕組みです。

ちなみに、レジもセルフです。
スマホの画面で、会計ボタンを押して、自分でレジの端末を操作するだけです。

セルフレジ

まとめ:VANSANしか勝たん

VANSAN、最強です。
子連れファミリーは、ぜったいに行くべきです。
これは義務教育だと思ってくださいw

VANSANの良い所まとめ
  • 料理がおいしい。チーズにこだわっている。
  • VANSANが届けてるのは「笑顔と想い出」
  • 店員さんが親切
  • 離乳食無料
  • ドリンク無料(小学生以下)
  • ドリンク100円(大人)
  • キッズスペースがある
  • ソファ席がある(キッズスペースに近い)
  • インテリアがオシャレ
  • キッチンが見える
  • セルフオーダー&セルフレジによるコストダウン

ここまで読んでいただいたあなたはきっと、子連れファミリーですよね。

僕はこの日本社会が、どんどん子連れに厳しくなっている現状が、とても悲しいです。
少子高齢化が進んでいるにも関わらず、なぜか育児手当制度は改悪。

金銭面だけでなく、社会の目も厳しいです。
「ちゃんと子供に言い聞かせろよ!」
と言わんばかりに、50代夫婦に睨みつけられたこともあります。

日本において、子育てファミリーは、いまや少数派。
そのため、肩身が狭い思いをすることがあります。
本来、これからの日本を支えていくはずの子供たちが、その親が、なぜこんな思いをするのでしょうか。
今まで、さんざんイヤな思いをしてきました。
特にレストランでね。

「レストランには行きたいけど、子連れだから気が引ける」
そんな思いに、救いの手を差し伸べてくれるお店。
それが、VANSANです。

まだまだ新しいお店が多いので、店員さんは少し不器用な方が多い印象ではあります。
しかし、お店のコンセプトや採用がしっかりしているからでしょうか、明るくて親切な方が多くて好感が持てます。

「つくるのは料理じゃない。笑顔をつくろう。」

笑顔が生まれるレストラン、VANSAN。
ぜひ、一度行ってみてください。
近くのVANSANを探す

それでは。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

カツオ