YouTubeでも発信中!

【WEB内覧会】三井ホームで建てた、我が家のアクセントクロス9選|意外な落とし穴とは?

こんにちは!カツオです。

この記事では、我が家のアクセントクロス9選をご紹介します。

アクセントクロスって、“無限”といっていいほど種類がありますよねw
三井ホームとの打合せで、巨大な「広辞苑」のような冊子(クロスサンプル)を3冊
「ドーン
と置かれたときは、一瞬だけ意識が飛びましたw

「アクセントクロス、どれにしようかなぁ」
という感じで、迷っていると、どんどん沼にハマっていきますよねw

僕もそんな苦難をこえて、マイベスト9(ナイン)を決定しました!
この記事では、実際に我が家が採用したクロスを、「実例」としてご紹介します。

それでは、やっていきましょう!

この記事を読むと…
  • アクセントクロスの、アイデアが浮かぶ(かも)
  • アクセントクロス選びの、落とし穴やポイントも解説!
  • クロスの型番も公開してるよ!気に入ったら、同じアクセントクロスを使ってみて!
    ※三井ホーム標準品のクロスは、三井ホームの型番になります。

シューズクローク(三井ホーム標準品 MWT-V115)

まずは、シューズクロークのクロスをご紹介します。
ここでは、汚れが目立たないように、薄いグレーにしました。

サンプル
三井ホーム標準品 MWT-V115
ベーシックな白と比べてみた
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)三井ホーム標準品 MWT-V115

シューズクロークは、汚れたものをしまう可能性が高いです。
たとえば息子が部活帰りに、サッカーボールを壁にぶつけるとか?w

仮の話なので、今後どうなるかわかりませんが、白いクロスにするよりはいい気がしました。
もしシューズクロークを採用するなら、白以外の色も検討してみてください!

書斎(リリカラ LL-5607)

書斎

こちらは、書斎です。
1面を、ネイビーにしました。
落ち着きのあるクールな感じで、気に入っています。

同じ書斎です。
光によって、こんなに違って見えます。

ちなみに、これも同じ書斎の写真です。
ぜんぜん違って見えませんか?

なにも加工していません。
実際に目で見ても、本当にこれくらい違います。


ライトの色で、クロスの色も変わる


実は、書斎のダウンライトは、調色できます。
光には、「色温度」というのがあります。
2枚目の写真は、MAXの6200K(ケルビン)まで振り切ったときのものです。
※Panasonicの「シンクロ調光」という商品です。

ライトの色温度で、クロスの見え方がこれだけ変わります。
ぜひ、気をつけてください。

ちなみに、サンプルはこんな感じです。↓

サンプル
リリカラ LL-5607
ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→) リリカラ LL-5607
実際の書斎の配色はこちら。
薄いグレーと合わせて、コントラストを下げました。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V119
(→) リリカラ LL-5607

アクセントクロスと、コンセントの色をチェック!


ちなみに、アクセントクロスを考えるときは、コンセントやスイッチの色に注意してください!
特に、濃いめのアクセントクロスに、白のコンセント(もしくはスイッチ)をつけると、結構目立つかも。

書斎のコンセントは、グレーにしました。
Panasonicのアドバンスシリーズです。

子供部屋①(三井ホーム標準品 MWT-V102)

こちらは、子供部屋です。

薄いグリーンにしました。

もうすこしアクセント強めのクロスでもよかったですが、将来子供に何か言われる気がしてw
無難な色を、選びました。

ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)三井ホーム標準品 MWT-V102
質感は、こんな感じ。
手前がアクセントクロス「三井ホーム標準品 MWT-V102」
奥が白クロス「三井ホーム標準品 MWT-V101」

子供部屋②(三井ホーム標準品 MWT-V103)

子供部屋は2つあります。
2つ目の子供部屋は、薄いブルーにしました。

ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)三井ホーム標準品 MWT-V103
質感は、こんな感じ。
手前がアクセントクロス「三井ホーム標準品 MWT-V103」
奥が白クロス「三井ホーム標準品 MWT-V101」

こちらも、無難な色。
子供部屋2つとも、もう少し濃い色をとりいれても、よかったかもしれませんw

というか、打合せでサンプルを見たときは、もっと濃く見えたんですけどねー。
実は、これ重要なポイントです。


小さい面積だと、色は濃く見える。


アクセントクロスのサンプルは、すこし濃く見えます。

でも、実際に壁の大きさで張ると、なぜか薄く見えます。

みなさんも、気をつけてくださいね。

リビング:壁(シンコール BB-1259)

今度は、リビングです。

リビングには、思い切ってブルーグレージュのクロスを貼りました。

目指したのは、三井ホームのLucasというデザインです。

サンプル
シンコール BB-1259
ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)シンコール BB-1259
我が家のリビング。
攻めました。

リビング:天井(ルノン RH-4740)

つづいて、天井です。
屋根勾配天井に、木目調のクロスを貼りました。

屋根勾配天井
ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)ルノン RH-4740

できることなら、本物の木材を貼りたかったです。
しかし、けっこうなお値段になるため、節約することにしました。

意外と本物感があって、けっこう気に入っています♪

手で触ると、ザラザラしていて、立体感があります。
ルノン RH-4740

クロスの貼り分けに、気をつけて!


実は、我が家の天窓の周りは、(意図せず)木目調のクロスが使われる計画になっていました。
特にインテリアコーディネーターさんと決めたことではなく、自然とそうなっていました。(危ない…)

僕の例は天窓ですが、天井から少し落ちてきたような壁面(垂れ壁)あたりは要注意です。
天井クロスに合わせるのか、壁面クロスに合わせるのか、よくチェックしてください。
打合せで話さずに、勝手に決まっていることがあります。

家のデコボコしたところを、くまなく確認していくと、意外と
「そっちのクロスに合わせるの!?」
っていう場所が見つかるかもしれません。
ぜひ、注意してください。

三井ホーム仲間の、ふぁみをさんがTwitter経由でこの“落とし穴”について教えてくれました。
図面を見返して、ハッと気が付きました。
※ホントに危なかった。感謝しかない。

キッチン(サンゲツ FE-6197)

今度は、キッチンです。

キッチンのカップボードのところに、タイル調のクロスを貼りました。

本物のタイルより、コストが抑えられるので、このクロスも結構おすすめです。

キッチンのカップボード
タイルのようなツルツル感はなく、
ちょっとプニプニしてます。
サンゲツ FE-6197

アクセントクロスで、賢く節約。
他にお金をかけよう。


この記事で紹介した、木目調クロスやタイル調クロスを採用することで、合計で50万円くらいの”節約”になりました。
節約したお金で、キッチンをフラットにしたり、アスレチック部屋を作ったりと、希望を叶えることができました。

画像
おりゃー
カツデンアーキテックの「DECOツイスト」です。

もちろん、本物の素材に越したことはないです。
でも、本物って高いんですよね・・・。
そこまで素材にこだわらない方は、クロスで代用することを、ぜひ検討してみてください。

ニッチ(三井ホーム標準品 MWT-V119)

ニッチ

ニッチを作って、このようにアクセントクロスを付けるのもおすすめです。

我が家は、グレーにしました。

サンプル
三井ホーム標準品 MWT-V119
ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→)三井ホーム標準品 MWT-V119

洗面台(リリカラ LL-5607)

ここは、2階の洗面台です。

ネイビーのアクセントクロスを、貼りました。
書斎のアクセントクロスと、同じです。

三井ホームでもらった洗面台のパンフレットに、もうね、このまんま載っていたんですよw
一目ぼれしたので、完コピしましたw

ベーシックな白と並べると、こんな感じ。
(←)三井ホーム標準品 MWT-V101
(→) リリカラ LL-5607

まとめ

いかがだったでしょうか。

注文住宅は、決めること=選択が多いです。
疲れちゃいますよね。

「どんな設備にするか」
その選択によっては、平気で10万~100万円くらい金額が変動します。

だから、気が休まりません。

でもね。
クロスは違うんですよねー!

どんなクロスを選んでも、そこまで金額は上がりません。
だから、選んでて楽しい!

アクセントクロスは、「だれでもお手頃に、個性を出せるオプション」だと思います。
思いっきり楽しんで、アクセントクロスを決めてくださいね!

それでは。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

カツオ