YouTubeでも発信中!

【一条工務店】5つのデメリット

こんにちは!

カツオです。

今回は、

「一条工務店の5つのデメリット」

というテーマでやっていきたいと思います。

この記事の結論を、先にお伝えします。

一条工務店の5つのデメリット
  1. 知名度が高くない
  2. 価格が上昇してきた
  3. オプション・設備の押し売り
  4. i-smartが建てられない土地がある
  5. 契約前に間取りを書くのは、営業マン

前回、「一条工務店の6つのメリット」という記事を書きました。

今回は、その続編となります。

一条工務店、おすすめです。

実は、一番最初に建てたいと思ったハウスメーカーは、一条工務店でした。

当時、真剣に検討していたハウスメーカーのひとつです。

この記事では、我が家が一条工務店を検討したときに、

「これはデメリットかも」

と感じたポイントを、お伝えします。

一条工務店を検討している方や、迷っている方にとって、

役に立つ内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

それではやっていきましょう!

知名度が高くない

まずは、知名度についてです。

ズバリ言うと、一条工務店は「知名度が高くない」です。

2020年にマイボイスコム株式会社が行った、

住宅メーカーのイメージに関するアンケート調査(第13回)

の結果をお見せします。

引用:住宅メーカーのイメージに関するアンケート調査(第13回)

一条工務店の認知度ランキングは13位でした。

認知度は、43.8%。

簡単に言うと、半分以上の方は知らないということです。

1位は「さすが積水ハウス」という感じで、認知度は76.2%です。

注文住宅は、もちろんブランドのバッグではありません。

幸せに暮らせるなら、それで十分ですよね。

しかし、人生で最も高い買い物です。

できることなら、周りの人たちに

「良いところで建てたね!」って言われたい。

そう思いませんか。

職場の同僚たちと、ランチに行ったときのことです。

「一条工務店」の名前を出しましたが、

みんなチンプンカンプンでした。

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/image-57.png
職場の先輩

「そういえばカツオ、ハウスメーカー決まった?」

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/necchusyou_face_boy3.png
カツオ

「一条工務店って知ってます?そこにしようか迷ってます」

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/image-59.png
職場の先輩

「ふーん・・・。」
心の声:え…知らないんだけど。地元の工務店?

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/necchusyou_face_boy3.png
カツオ

「・・・。」
心の声:あ・・・知らないんだな・・・)

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/image-58.png
職場の先輩

「ところでさ~(汗)」

みたいな感じw

あなたも経験ありませんか?

一条工務店は、注文住宅を検討していない人にとっては、

「なにそれ?」っていうレベルで無名だと思います。

親に言っても、兄弟に話しても、「なにそれ?」でした。

それもそのはず、一条工務店は、

広告や宣伝よりも、家の性能や実績を大切にしています。

「CMや宣伝活動をほとんど行っておりません。」
引用:一条工務店公式HP 一条工務店の特徴

一条工務店の実力はすさまじいです。

実際に一条工務店の家は、全国でどんどん建っています。

戸建て住宅販売戸数は、いまや全国No1です。

最近はテレビでも取り上げられたりもしてます。

一般的な認知度が上がるのは、時間の問題だと思います。

その証拠に、一条工務店の知名度は年々上がっています。

10年にわたって、知名度が上がり続けているのは、一条工務店だけです。

まさに快進撃といっていいでしょう。

なので、「いまは知名度が低いけど、将来有名になると思う人にとっては、

むしろ”いま”一条工務店を、選んでおくのがおすすめかもしれません。

価格が上昇してきた

つづいて、一条工務店の2つ目のデメリットは、

「価格が上昇してきた」です。

一条工務店の価格は、年々上がっています。

いままでの一条工務店のイメージって、

「高性能な家をお手ごろ価格で」

という感じではないでしょうか?

公式サイトでも、そういったイメージを訴求しています。

「納得の価格」を追求しているらしい
引用:一条工務店公式HP 一条工務店の特徴

僕も最初は「お手ごろ価格」だと思っていたのですが、

最近は、そうとも限りません。

実際に、一条工務店に見積もりをもらったことがあります。

「i-smart」で、延べ床面積30坪の見積もりです。

地盤改良、外構、諸費用、オプション等、

すべて含めた総費用は、税込みで約3000万円でした。

総額の坪単価で言うと、約100万円です。

どうでしょうか?

僕は「意外と高いな・・・」と感じました。

この見積もりを見たときは、肩を落とすような気持ちになりました。

一条工務店の価格は、なぜ上昇しているのでしょうか?

理由はいたってシンプルです。

それは、一条工務店の家が、

毎年どんどん高性能になっていってるからです。

一条工務店の価格は、

㎡単価×面積=建物本体価格

で決まります。

家の性能が上がるにつれて、この「㎡単価」が毎年上昇しているんです。

当時営業マンから教えていただいた、本体価格の坪単価推移をお見せします。

営業マンから教えていただいた坪単価の推移をグラフにしました

およそ、10年で坪単価が約10万円上がっています。

言いえると、35坪の家で計算すると、350万円も価格が上昇しているということです。

また、オプションや設備もどんどん充実してきています。

例えば、我が家が頂いた見積もりには、

  • ハイドロテクトタイル 40万円(税抜)
  • 全館さらぽか空調 45万円(税抜)

などが含まれていました。

我が家の見積もりには入れませんでしたが、

「太陽光発電」「耐水害」のオプションも、人気ですよね。

そういった「ハイスペック」な設備をどんどん取り入れたら、

見積もりが高くなるのは当然です。

なのでもし、あなたが「お手ごろ感」を出したい場合は、

オプションで付いている設備を、取捨選択することをおすすめします。

オプション・設備の押し売り

つづいて、一条工務店の3つ目のデメリットは、

「オプション・設備の押し売り」です。

当時、一条工務店の営業マンから、オプション・設備を強く勧められました。

もちろん、これは僕の個人的な体験であって、

”物腰の柔らかい”営業マンも、たくさんいらっしゃるはずです。

ですが、当時の営業マンの様子を思い返すと、

それが一条工務店の文化のように思えてなりません。

一条工務店のコンセプトは「家は、性能」です。

一条工務店のコンセプト「家は、性能。」
引用:一条工務店公式HP 一条工務店の特徴

性能を追求するために、営業マンがオプション・設備を強く勧めることは、

いたって自然なことです。

なので、この経験は僕だけではないと思っています。

性能を追求するのは、良いことですが、

僕みたいに「ちょっと過剰だな」と感じる人もいます。

こんなことをいうと、笑われるかもしれませんが、

僕は「太陽光発電」「耐水害」のオプションを外そうと思っていました。

一条工務店の太陽光パネル
引用:一条工務店公式HP 一条工務店の特徴

これについて、営業マンから反発されました。

あなたも「そのオプションは外さないほうがよくない?」って思うかもしれません。

でも、見積り金額が想定よりも高く、他に削るところがなかったんです。

夫婦でよく話し合いました。

営業マンと見積もりの打ち合わせをしたときに、

「太陽光発電と耐水害は、見積もりから外してもらえますか」

と伝えました。

数日後、また見積もりの打ち合わせをしたんですが、

太陽光発電と耐水害が、見積もりから消えていないんです。

それだけではありません。

いかに「太陽光発電」と「耐水害」のオプションが優れているのかについて、

丁寧な資料まで持ってきました。

いかに太陽光が優れているか

そこからは30分くらいですかね、

「なぜ外したいのか(カツオ)」「なんで入れないんですか?(営業マン)」のバトルです。

確かに、それらのオプションはとても魅力的です。

しかし、夫婦で話し合った結論は、変わりませんでした。

丁重にお断りして、再度見積もりを書いてもらったんです。

もう大丈夫だろうと思っていたら、

なんと次の打ち合わせでも、オプションを入れた見積もりを見せてきたのです。

そこから先は、同じ議論の繰り返しでした。

すごく疲れました。

たしかに、営業マンは善意でやってるのかもしれません。

でも、引くときは引いてほしいなと思いました。

あなたが、「オプション最高!全部のせでしょ!」って思っているなら構いません。

ですが、もしいらないと思ったオプションがあれば、

かなり強めに、キッパリと断ることをおすすめします。

i-smartが建てられない土地がある

つづいて、一条工務店の4つ目のデメリットは、

「i-smartが建てられない土地がある」です。

「一条工務店で建てるならi-smartにしよう」と決めていました。

そもそも、営業マンも「i-smart」をゴリ押ししていました。

しかし、いざ間取りを書いてもらったところ、

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/image-22.png
営業マン

「この土地ではi-smartは建てられません」

と言われてしまいました。

というのも、我が家が手に入れた土地が“旗竿地”といって、

道路から少し離れた土地だったからです。

図にするとこんな感じです。

旗竿地って、こんな感じ

i-smartは工場である程度組み上げます。

組み上げたパーツは大きいので、

現場でクレーン車が使えることが条件だったんです。

壁パネルを現場へ
工場で作った壁パネルの設置。現場でクレーン車を使う。
引用:一条工務店公式HP 工場生産率80% 高品質な住まいづくり

我が家の旗竿地ではクレーン車が使えないため、

i-smartは諦めるしかありませんでした。

念のため言うと、もしあなたの土地が”旗竿地”でも、

あきらめることはありません。

「旗竿地=ダメ」なのではなく、

「クレーン車が使えない=ダメ」というのがポイントです。

つまり、隣家の敷地が使えるとか、旗竿地の通路がすごく太いなど、

クレーン車が使えれば問題ありません。

我が家は「i-smart」が建てられないため、

「グラン・セゾン」で検討を進めました。

ですが、最終的には一条工務店で建てることを諦めてしまいました。

あなたも、ぜひこの点は注意してください。

ご自身の土地でi-smartが建てられるのか、

クレーン車が使えそうな場所なのか、

といったことを、早めに確認してみてください。

i-smartを建てられる別の土地にすればよかったのでは?

頂いたご質問に回答します。

ちなみに、この話をYouTubeで話したところ、

「i-smartを建てられる別の土地にすればよかったのでは?」

「なんで一条工務店と一緒に土地探ししなかったの?」

というご質問をいただきました。

ありがとうございます。

まったくおっしゃる通りです。

同じような疑問を持たれた方も、多いのではないでしょうか?

この際なので、お答えしておきます。

「過労の末倒れてしまった社畜」の写真[モデル:大川竜弥]
土地が・・・土地が見つかりません・・・

たぶん土地を探したことがあるなら、この感覚をわかってくれると思います。

我が家は必死に土地を探していました。

這いつくばりながら、不動産屋の足首にしがみつくような思いで

なんとか土地を見つけました。

インターネットで毎日新着情報を追い続けても、

土地はなかなか見つからないものです。

だから、自分の足で探して、なんとか地場の不動産屋のコネで

非公開物件を見つけることができました。

もちろんi-smartも魅力的です。

しかし、必死に探して見つけた土地を、

簡単には手放すことはできませんでした。

この頭を抱えるような苦悩、共感いただけましたでしょうか?

契約前に間取りを書くのは、営業マン

つづいて、一条工務店の5つ目のデメリットは、

「契約前に間取りを書くのは、営業マン」です。

あなたは、間取りにどれくらいこだわりたいですか?

その熱量によって、感じ方が分かれる話になります。

あなたが、もし間取りにこだわりたいのであれば、

間取りは「設計士」さんに、直接書いてもらったほうがいいと思います。

もちろん全国の営業マンの中には、元設計士とか、独学で頑張ったとか、

「設計士を凌駕するほど間取りを書くのが上手い人」もいると思います。

ですが、僕が体験してきた限りでは、

間取りを書くのは、「営業マン」よりも

「設計士」さんのほうが、明らかに上手です。

一条工務店の場合、契約前は営業マンが間取りを書きます。

一条工務店には、これまで3つの土地で間取りを書いてもらったことがあります。

それら3つの間取りすべてで、

首をかしげて苦笑いしてしまう”違和感”がありました。

例えば・・・

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/necchusyou_face_boy3.png
カツオ

「キッチンの配置が使いづらそう・・・」

https://katsuose.com/wp-content/uploads/2021/03/necchusyou_face_boy4.png
カツオ

「階段が遠いな・・・」

みたいな感じです。

もしかすると、我が家が建てようとした土地が

狭かったからかもしれません。

狭い土地の方が、間取りの難易度は上がります。

にしても、人生で最初で最後の家づくりですから、

間取りで失敗したくありません。

家事動線や、家族とのコミュニケーションなど、

間取りの良し悪しは、一生の幸福度を左右する問題です。

なのでもし、一条工務店で建てる場合は、

以下の、2つのことをおすすめします。

一条工務店で建てる方に、やってもらいたいこと
  • たくさん間取りの勉強をして、理想と現実のギャップを指摘できるようになる
  • すでにある実例を参考に、似せて作る

人によっては、当たり前かもしれませんが、

本来、施主の仕事は、「理想の生活について、要望を伝えること」であって、

「間取りを考えること」ではありません。

ですが、一条工務店で建てる場合は、

このようにご自身でも、間取りのことを十分に検討されることをおすすめします。

まとめ

一条工務店の5つのデメリットは、以上となります。

僕は三井ホームの施主ですが、

一条工務店の、ハイスペックな家に憧れます。

一条工務店の家の性能はバツグンに高いです。

安全・健康に暮らせて、おまけに高熱費も抑えられます。

なんてステキなんだろう、と思いませんか。

そういった考えの方は、一条工務店がぴったりです。

我が家はi-smartを建てることができなかったので、

諦めてしまいましたが、あなたにはぜひ成功してもらいたいです。

成功してもらいたいからこそ、デメリットもちゃんと伝えたかったです。

僕なりに考えて、それぞれのデメリットを解消する方法も、お伝えしました。

参考になりましたでしょうか?

このブログでは、こんな感じで、

他のハウスメーカーのメリット・デメリットについても発信しています。

この機会にぜひ、他の記事も見ていってください。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

カツオ