YouTubeでも発信中!

【三井ホーム】我が家が三井ホームに決めた5つの理由

こんにちは。

三井ホームで家を建てることにした「カツオ」と申します。

よろしくおねがいします。

この記事では、我が家が三井ホームに決めた5つの理由についてご紹介したいと思います。

三井ホームを検討されている方に少しでも参考になればと思います。

↑妻に動画投稿してもらいました。もしご興味があればチャンネル登録のほう、よろしくお願いします。

まず始めに、簡単に自己紹介をさせてください。

僕は32歳のサラリーマンで、同い年の妻と3歳の息子と1歳の娘との4人暮らしです。

いまは4人で賃貸マンションに住んでます。

先日、三井ホームで契約をしまして、いまは詳細な間取りを打合せしています。

このブログでは、三井ホームのことや家づくりのことについて発信していこうと思っています。

それでは本題に入ります。

我が家が三井ホームに決めた5つの理由は、「ルーカス、間取り、耐震性、価格、営業マン」この5つです。

ひとつずつ解説していきます。

ひとつ目の理由は、「ルーカス(Lucas)」です。

三井ホームって、洋風なデザインが特徴的なハウスメーカーだと思います。

代表的なデザインは「シュシュ(chouchou)」じゃないでしょうか?

シュシュ(chouchou)

実は三井ホームって、シュシュ以外にもたくさんのデザインがあって、我が家は「ルーカス(Lucas)」に一目ぼれしました。

ルーカス(Lucas)

ルーカスの特長は、なんといっても2階リビングの解放感だと思います。

2階の天井をとっぱらって屋根を見せる「屋根勾配天井」、そして2階なのに庭があるかのような「スカイラナイ」が特徴的です。

屋根勾配天井
スカイラナイ

好みによりますが、デザインもとっても素敵だと思います。

我が家では、最初三井ホームを検討していませんでした。

というのも、三井ホームと言えばシュシュのようなデザインのイメージが強く、なんとなく我が家の好みとは違っていたからです。

でもご縁があって相見積もりを取ることになり、そのとき提示されたプランが「ルーカス」でした。

そこで初めてルーカスを知りましたが、一目ぼれしました。

2つ目の理由は、「間取り」です。

三井ホームは、間取りの提案力があるハウスメーカーのひとつだと思います。

実際に契約前のプラン提示の段階から、専属の設計士さんが付いてくれて、レベルの高い提案をしてくれました。

三井ホームさん本体の方ではなく、設計を専門にやっている会社の方みたいで、設計を外注していることが”強み”と言われているみたいです。

なぜ外注だと、それが”強み”になるのかわからないです。知ってたりしますか??

我が家は計5社のハウスメーカーさんと相見積もりを取りました。

そのなかでも、三井ホームの間取りが一番ステキで、なんといっても「ワクワク」しました。

このへんの内容については、また別の記事でもご紹介できたらなと思います。

3つ目の理由は、「耐震性」です。

三井ホームは、最強の耐震性を持つ家を建てられるハウスメーカーです。

耐震実験を行って、「震度7に60回耐える」という驚異的な成果を上げています。

耐震実験の徹底ぶりは他社を圧倒しています

こんなことを言うと、本当に素人な発言になっちゃうんですが、

三井ホームの耐震実験の動画を実際に見させてもらったときに、家がぜんぜんブレなくて、本当に凄いなと思いました。

三井ホームの標準は耐震等級3ですし、実際の家の揺れ方を見て、

「これなら安心して暮らせるな」と感じたのが決め手になりました。

4つ目の理由は、「価格」です。

ハウスメーカーをどこにしようか検討するとき、まっさきに価格が気になりますよね。

ネット上にハウスメーカーの坪単価表みたいなのが転がっていて、僕もよく睨めっこしてました。

僕が見た坪単価の一覧だと、三井ホームは最強に高かったです。

なので、最初のころは「三井ホームは高すぎるし、やめとこう」って思っていました。

でもご縁があって、相見積もりを取らせていただいたところ、他社さんよりも安かったんです。

具体的には積水ハウスや住友林業よりも安かったです。

少し詳しい方なら当たり前なのかもしれませんが、僕にとっては初めての見積もりで、まさか三井ホームが一番安いとは思っていませんでした。

あくまで坪単価の参考価格は、参考程度なんだな、と今では思います。

5つ目の理由は、「営業マン」です。

Youtubeの動画や本で勉強して、「営業マンがダメだと注文住宅は必ず失敗する」みたいに言われています。

なので僕も、担当してくれる方が信頼できる営業マンかどうかを、すごく重視しました。

いろんなハウスメーカーを回りましたが、営業マンっていろんな方がいますよね。

なかには、遅刻しちゃうとか、調べてこないとか、レスポンスが遅い、みたいに社会人としての基本スペックを満たせていない方もいました。

あとは、「兄貴っぽくひっぱっていくタイプ」とか、「お客様は神様かのような扱いするタイプ」とか、「タメ口でフレンドりーに接するタイプ」みたいに、性格の違いもありました。

建てたいと思っているハウスメーカー、だけど営業マンが…みたいになったらとっても悲しいですよね。

幸い我が家は良いご縁に恵まれ、三井ホームの営業マンはとっても信頼できる方でした。

その方は、新人の教育係として3人くらいの弟子を抱えている方で、年上の方にこんな言い方をして失礼なんですが、社会人としてしっかりしています。

性格のタイプは、さきほど言った「兄貴、お客様扱い、フレンドリー」のちょうど中間くらいで、我が家にとって一番ちょうどいい感じでした。

ちょうどいいというか、なんでしょう…「話をよく聞いてくれるけど、聞くだけじゃなくて言うことは言ってくれる」という感じです。

なにか要望を伝えたときに、

「間取りも色も外観も、それでいきましょう!お客様は神様ですからぁ!」

って言われると、僕はすごく不安になります。

逆に、「ぜったいに太陽光いれましょう!外壁はぜったいこれ一択です!俺を信じろぉ!」

みたいに言われても、すごく不安になります。

この辺のバランスは、相性があると思うのですが、三井ホームの営業マンは我が家にピッタリでした。

以上が三井ホームに決めた5つの理由でした。